04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥琵琶湖再び 

昨晩、職場の飲み会で最後の記憶がないサムライダー

今日は朝から、町内自警隊の消防ポンプ点検でした

終わって帰ろうとするとき、町内のmatsuさんとなんとなく

「自転車乗りに行きますか」てな話になり急遽ライド決定。
DSCF0067-20130503.jpg

9時にmatsuさんの自宅へ
DSCF0023-20130503.jpg


matsuさんとは町内の寄り合いがあるたびに自転車の話で盛り上がってはいたものの、これが初めてのライドです。
DSCF0027-20130503.jpg

うちの女王様の同級生で、なんでもかなりモテたらしい。人呼んで「町内の渡辺謙」

「こらぁ  何見とんじゃ、ボケぇ!」
DSCF0024-20130503.jpg

matsuさんの笑顔同様、爽やかな青空です。「てめぇ、酒クセーんじゃ、ボケぇ」・・・
DSCF0029-20130503.jpg

matsuさんの愛車FELT。エアロ形状がカッケーっす。
DSCF0032-20130503.jpg

で、今日はどちらに?

マ「ワシャ、今年も乗鞍に出るんじゃ、ボケぇ、カスッ!上りの練習に決まってるやろうが」・・・

今庄サイクリングターミナルで一旦トイレ休憩
DSCF0035-20130503.jpg

お酒の抜けていない体に上りはとてつもなく辛かった訳で。

「アウター縛りじゃ、ぼけぇ
DSCF0037-20130503.jpg

前のカメラがボコボコだったので、女王様が「カメラ買っていいよ、100万ボルトの特価品なら」・・・

5.900円のカメラは、セルフタイマーの10秒を我々にはお知らせしてくれませんでした
DSCF0040-20130503.jpg

さあ、ヒルクライム第二弾、栃ノ木峠にアタ~ック!

「アウター縛りじゃ、ボケぇ
DSCF0042-20130503.jpg

「まだまだ、物足りんわ、ボケぇ
DSCF0043-20130503.jpg

軽快なダウンヒル、と調子こいてたら、椿坂のカーブで危うく死にかけました
マジでやばかったです。下りはゆっくりを改めて肝に命じました。 

ウインドブレーカーを持ってこなかったmatsuさん。「寒いんじゃ、ボケぇ
DSCF0045-20130503.jpg

いやあ、Matsuさん、下りの速いこと。直線であっという間に背中が見えなくなります。
DSCF0047-20130503.jpg

必死でペダルを漕いで、下りなのにヘロヘロになりながら木之本に到着。時間も12時、コンビニ昼食です。
DSCF0050-20130503.jpg

ついこの前も来た道。
DSCF0051-20130503.jpg

やっぱり琵琶湖はいいっ!
DSCF0054-20130503.jpg

「抜くぞ、ボケぇ
DSCF0055-20130503.jpg

「奥琵琶湖行くぞ、ボケぇ
DSCF0057-20130503.jpg

ついこの前も来た道。
DSCF0059-20130503.jpg

「先行くぞ、ボケぇ
DSCF0060-20130503.jpg

上りで30km/hが出せたらなあ。
DSCF0062-20130503.jpg

この間、必死だったので、どこで上りが終わるのか覚えてません。

今日も、「え~ん、上りが終わらないよ~」状態でした。

うむ、今日も絶景、絶景
DSCF0063-20130503.jpg

「ずーっとピースしとかなあかんやんけ、ボケぇ
DSCF0065-20130503.jpg

今日もつづらお展望台で休憩。バイカーがいっぱいでした。

今日は食べるぞソフトクリーム
DSCF0068-20130503.jpg

今日は撮るぞ、自己満足
DSCF0071-20130503.jpg

疲れてテンションは下がってきましたが、気温は上がってきました。
DSCF0075-20130503.jpg

時間があればメタセコイヤでも見に行くところですが、暗くなっちゃうので敦賀方面に戻ることにしました。

塩津からのダラダラした上りと向かい風・・・死にました。

「乗鞍の20kmに比べたら屁やぞ、はよ上らんか、ボケぇ 」
DSCF0079-20130503.jpg

「てめえがオセーから、身体もあったまらんわ、ボケぇ
DSCF0083-20130503.jpg

疲れて、下りでもスピードが出せなくなりました。

本日最後の上り、木の芽峠ヒルクライムにむけて最後の休憩
DSCF0085-20130503.jpg

8kmの上り・・・辛かったっすOrz
DSCF0090-20130503.jpg

「サドルの先っぽで、肛門を刺激すると気持ちがいいんじゃ、ボケぇ
DSCF0089-20130503.jpg

温泉が出てるんですね。今まで知りませんでした。
DSCF0091-20130503.jpg

ちょうど一人のローディが武生方面から上ってきました。
DSCF0093s-20130506.jpg


サ「どこへ行かれてたんですか?」 ロ「ちょっと東尋坊まで」

サ「敦賀の方ですか?」 ロ「いいえ京都です」・・・・

なんでも、朝3時に出てこられたそうで 

現在5時20分、300kmオーバーの旅が終わるのは確実に夜中。

ロ「おたくら武生なら、ヤスジロウさんって知ってはりまっか。一度朽木峠でお会いしたことがありますが、あの人もすごいお人ですなあ」

”英雄は英雄を知る”とはまさにこのことですね。

では! と颯爽と去って行かれました。残り130km、お気を付けて~
DSCF0094-20130503.jpg

我々も帰りましょ♪

matsuさん、残り25kmで、得意のダウンヒル。あっという間に見えなくなりました。
DSCF0095-20130503.jpg

下りなのに疲れて足が動かなくなったサムライダー。お約束の一人旅です

自宅まで残り5kmだというのに、コンビニでたまらず補給。
DSCF0097-20130503.jpg

ヘロヘロで町内に戻ってきました。

とっくに帰ってたmatsuさんちにご挨拶しに行き、本日終了。

matsuさん、今日はたっぷりしごいていただきありがとうございましたぁ。

また、よろしくお願いいたしま~す

DST:163km Ave:23.5km/h

スポンサーサイト

コメント

自転車乗りまくってますね~♪
連続での琵琶湖詣り、羨ましいです(^-^)

それにしても、あの乗鞍の坂を自転車で上る人がいることが、未だに信じられません( ̄▽ ̄;)
ヘム…はヘム…を知る…。

Fuomiさん

チャリティー大会お疲れっした!
あれ?中長距離部のあなた方が、自転車が羨ましいなどと・・・(笑)

今回は、たまたまです。
それにしても坂ばっかで疲れました。
でも、ニューバイクは流石に前のより坂は登りやすいです。
そのかわり平地と下りがダメダメですが。
あっ、当然エンジンの問題っす(^_^;)

乗鞍なんぞに行ってみたいとも思いませんわ(笑)

Re:奥琵琶湖再び

何と1週間ほど開けてまた琵琶湖行ったんですか!? しかも往路栃木峠、復路木の芽峠越え。更に奥琵琶湖パークウェイに愛発の関越えも付けてですか? 先生の体力と尻の皮膚の厚さに脱帽ですわ。 でも琵琶湖一周楽しかったです。 また行きましょう。

ケイさん

こんばんは♪
いやあ、ビワイチではあまりにも乗れなかったので
少々特訓をと頑張ってみたのですが、この日もヘロヘロでした。
今度ご一緒させていただくときにまた足手まといにならないよう
もっと乗らねばと思うのですが・・・。
今週土曜は子供の運動会、日曜は剣道連盟の会議でまた乗れそうにもありません。
なんとかコソ練してあっと驚かせたいと思います。
尻の皮膚はマキ君には到底かないません(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。